伝統にんにく卵黄+アマニの原材料と栄養成分は?

 

伝統にんにく卵黄+アマニの原材料はとてもシンプルです。以下にその説明をして行きます。

 

 

伝統にんにく卵黄+アマニの原材料

伝統にんにく卵黄+アマニ 原材料

  • にんにく卵黄末(にんにく・有精卵黄)
  • アマニ油
  • デンプン
  • グリセリン
  • ゲル化剤(カラギナン)
  • ミツロウ

 

宮崎県の自社工場で無農薬栽培された「九州産の有機にんにく」を100%使用し、同じく九州産で滋養たっぷりな「有機卵黄」を配合しています。

 

健康な土壌ですくすく育った有機にんにくと、健康なニワトリの産む黄金色の卵。

 

この2つの良質素材を粉末状にし、配合したのがにんにく卵黄です。

 

さらに、いま話題のオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)を含むアマニ油が新配合されています。

 

その他の原料として、デンプンやミツロウ(蜂蜜)はみなさんご存知と思いますが、副作用の心配がありそうな「グリセリン」「カラギナン」については後ほど解説します。

 

続いては、伝統にんにく卵黄+アマニの栄養成分を見てみましょう。

 

伝統にんにく卵黄+アマニの栄養成分

伝統にんにく卵黄+アマニ 栄養成分

  • エネルギー:6.62kcal
  • たんぱく質:0.09g
  • 脂質:0.43g
  • 炭水化物:0.60g
  • 食塩相当量:0.007g
  • にんにく粉末含有量:300.8mg/2粒
  • GSAC(γ-グルタミル-S-アリルシステイン):1.2mg/2粒

 

以下からの効果に関する記述は、個人差があります。

にんにくの栄養成分と効果

にんにく

 

にんにくはビタミン・ミネラル・アミノ酸や脂肪酸をバランスよく含んだ香味野菜ですが、注目の成分は「アリイン」「アリシン」「GSAC」といった非栄養性機能物質です。

 

難しい説明は省きますが、これらのニンニク特有成分は主にこんな効果が期待できます。

  • 風邪や気管支炎の予防治療効果
  • 脂肪の燃焼効果
  • 滋養強壮効果
  • 食欲増進効果
  • 抗酸化作用
  • 美肌効果
  • アンチエイジング効果
  • 高血圧の改善効果
  • がん予防効果
  • 動脈硬化予防効果
  • 心臓疾患予防効果
  • 肝障害予防効果

 

 

卵黄の栄養成分と効果

卵黄

 

卵黄は脂質の割合が多い高カロリー食品ですが、ビタミン類をたくさん含み、ミネラル・アミノ酸のバランスも良く、非常に栄養価の高いスーパーフードです。

 

卵は完全栄養食品とも言われますが、実は栄養素のほとんどが卵黄に集中しています。

 

認知症予防など、脳機能を活性化する「レシチン」が豊富に含まれ、脳の老化防止にも役立つと言われています。

 

さらに、レシチンには悪玉コレステロールや中性脂肪を肝臓の外に追い出す効果があるとされ、高血圧・動脈硬化といった症状の改善も期待できそうです。

 

卵といえばコレステロールが気になる方も多いと思いますが、そもそもコレステロールは人間の体に必要なものです。

 

卵黄に含まれるのは良質なコレステロールで、レシチンやオレイン酸のようにコレステロールを調整する栄養素も含んでいます。

 

2015年に厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準では、卵と各種疾病との関連性が認められなくなりました。

 

これにより、現在では健康な人なら卵を1日2個以上食べても問題ないとされています。

 

 

アマニ油の栄養成分と効果

アマニ油

アマニ油はオメガ3系脂肪酸のαリノレン酸を50%以上含んだ天然植物オイルです。

 

αリノレン酸は体内で作れない必須脂肪酸で、食事から摂取することで10%程度がEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)になります。

 

EPA・DHAはサプリの成分として有名ですが、血流の改善効果などが期待できます。

 

これにより高齢者の認知症予防・アルツハイマー予防に役立つと言われています。

 

また、食物繊維が豊富なαリノレン酸には、こんな効果効能も。

  • 便秘解消によるダイエット効果
  • 生活習慣病の予防効果
  • うつ病の予防改善効果
  • アレルギー症状の緩和
  • 美容効果(美肌効果)
  • コレステロール値の改善効果
  • 糖尿病や心筋梗塞の予防効果
  • 痔の予防と改善効果
  • 高血圧の予防と改善効果

 

 

健康家族の伝統にんにく卵黄+アマニは、安心して食べられる栄養価の高い原料だけをギュッと詰め込んだ、カプセルタイプのサプリです。

 

にんにく料理とは違って臭わないので、いつでもどこでも気軽に摂れるのは、大きなメリットの一つかもしれませんね。

 

伝統にんにく卵黄